[GET] 清水和夫が解説するホンダ・レジェンド「自動運転レベル3のすべて!」、レベル2といったいどこが違うの?【Webセミナー付き】 | clicccar.com – Demo

公開日 2021/03/08 17:03最終更新日 2021/03/08 17:03 執筆者 清水和夫 ■夢のクルマに近づいた!? ついに発売された世界初の自動運転レベル3「ホンダ・レジェンド」とは? 2021年3月4日(木)、ホンダから新レジェンドが3月5日(金)より発売!と発表されました。そのトピックスはなんといっても、自動運転レベル3を可能にするHonda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)が搭載されたこと。 3月5日より、いよいよリース販売されたレジェンド。価格は1100万円! ホンダが世界に先駆け市販化した自動運転レベル3…とはいえ、「未来のクルマがやってきた! ぜ~んぶ自動で運転してくれる!」ワケではないくらいのことは知っていても、自動運転ド素人には、知識的にイマイチよ~分からんトコロが多いのも事実。 そんな折、2021年3月15日(月)、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)&“自動運転を通じた私たちの未来の社会を伝えてくれる”SIP-caféの主催で、法的&技術的なことから知る自動運転についてのWebセミナーが、“突っ込み過ぎる司会者”・清水和夫さんにより開催されます(※文末に概要をお知らせします)。 国土交通省やホンダ技研工業の専門家も登壇するWebセミナーを視聴する前に、いつでもどこでも自動運転『ではない!』レベル3について、世界で初めて自動運転レベル3を搭載したレジェンドについて、国際モータージャーナリスト・清水和夫さんに解説していただきました。(clicccar:永光やすの) ●ハンズオフ、アイズオフは可能だけど、条件付きが多すぎるレジェンドの自動運転レベル3 レジェンドの自動運転レベル3について教えてくれた清水和夫さん。試乗しているクルマは現行型、レベル3じゃないほうのレジェンド。 日本での自動運転への流れとして、2019年に、日本国内で道路運送車両法と道路交通法の自動運転に関する規定が改正され、2020年4月1日に施行。そして2020年11月、自動運転レベル3について、世界で初めて国土交通省がレジェンドに型式指定した際には、世界的に物凄く話題になりました。

Lire la suite